大学生補習家庭教師センター

大学生補習指導(リメディアル)家庭教師に関する質問と回答

リメディアル 家庭教師について ---------------------- <問合せフォーム>

Q1 なぜ必要なのか?

基礎的な学力に欠ける受験生が増え、高校レベルからの授業をやり直さなければ、大学の授業が進まない現状があります。少子化がこのまま進むと、受験者層の人口減で大学入学がしやすくなり、いよいよ『大学全入時代』を迎えそうです。さらなる基礎学習の履修状況を踏まえた教育の改善が必要となっております。

Q2 実施方法は?

Q3 教材は?

Q4 対象学生は?

Q5 今後の展開

入試形態の多様化により選抜競争が緩和され、文系、理系をとわず学生の基礎学力の低下がさらに問題になっていくはずです。 結果として、大学の授業の理解が十分できない学生が多数在籍する学校が増加していくでしょう。入学試験の「ふるい落とし」から「育て上げ」への転換が求められ、ますます要請が増加するでしょう。

Q6 要望の多い学部は?

@薬学部、A理工学部、B経済学部、C獣医学部、D医学部、Eその他

Q7 相談するには?

大学生補習家庭教師センターへご相談ください。

お問い合わせページ メール 電話:03-3259-8160(10:00-18:00土日祝休)

Q8 相談の仕方は?

連絡いただければ、担当の者が順を追って氏名、連絡先、希望する教科名、単元名、教材名、現状の成績、現在の空き時間などをお聞きし、どのような対策が可能かを提案いたします。必要なおおよその時間数や回数・期間についても提案いたします。

Q9 費用・料金は?

ご相談いただく教科、内容、ボリュームにより変わります。またご紹介する家庭教師の熟練度によっても異なります。
詳しくは料金・費用を案内したページへ。

次のページへ

次のページは紹介・相談システムに関する説明です。

 

大学生補習家庭教師センター 問合せメール
ホーム > 最大限の対応 > 授業が難しくなっている理由 > 大学生への家庭教師案内 > 補習指導の質問と回答   > システム > 特色 > 費用・料金 > 相談・問合せ例 > 問合せ先 > 無料体験業の趣旨 > 対応する学部・学科 > 教師登録 > 個人情報について > 大学生補習家庭教師センターについて
問合せ: campus_info@wgb.jp
氏名、連絡先、住所(県名、市町村町名)、具体的内容をご記入願います。 担当より連絡させていただきます。