大学生補習家庭教師センター

大学生補習家庭教師案内1 -------------- <問合せフォーム>

すでに大学生補習家庭教師センターでは始まっています。 
大学生補習家庭教師センターで始めました。

近年の実績

その他ケースはリンク先を参照ください

学力低下の現状

教育課程が改訂されるごとにその内容が削減され、生徒の学力が著しく低下しているのではないかという議論が、折に触れて目につくようになっております。文部省でも客観的なデータ取得のため、2001年度より10万人規模の小中高生を対象とした本格的な調査に乗り出しております。その結果・・・

「学力」は、やはり下がっていると言わざるを得ないのが現状です。

このように見てくると

教育課程の改訂に伴う内容の変化に伴って、「学力」が下がることは当然の帰結である。

戦後一貫して伸びてきた高校・大学進学率は、良くも悪くも入試のプレッシャーをひとつの重要な学習の動機付けとしてきた。

近年の少子化による受験プレッシャーの変化の中で、子ども達は何を学習の動機付けとし、どのような学力を身に付けていくべきなのか、そしてこの学力低下問題をどう捉え、どう対応するべきなのか。

これは、2003年度からの新教育課程の高等学校への導入を前にして、我々に投げかけられた根本的な問いかけなのです。

次のページへ

 

 

大学生補習家庭教師センター 問合せメール
ホーム > 最大限の対応 > 授業が難しくなっている理由 > 大学生への家庭教師案内 > 補習指導の質問と回答   > システム > 特色 > 費用・料金 > 相談・問合せ例 > 問合せ先 > 無料体験業の趣旨 > 対応する学部・学科 > 教師登録 > 個人情報について > 大学生補習家庭教師センターについて
問合せ: campus_info@wgb.jp
氏名、連絡先、住所(県名、市町村町名)、具体的内容をご記入願います。 担当より連絡させていただきます。